【狩歌】

作詞:雅彌ちはや
ボーカル:秋野ると

風に立つ雲の郷は
佇むことなく伝ふ
言の葉に隠された
汝と我等の深き絆を覚えて

自由求め続かるることに
命灯しては
おたがひの思ひ重ねし日々

此の地に憚りなれども
ひき裂かれゆく痛みに
永久に続きたる景色は
苛烈に粛粛に変わりゆく

契り交はす其の為
刻み込まれし誓ひを
何時迄も心解けずに
よあけ迎へてゆくなり