【朽ちかけの神話】

作詞:ちきんぐ
ボーカル:みちる

辿れぬ記憶 聞けぬ声
全てを包み 消えたまま
朽ちていく 明日が幾度なく来て
昔の栄華を撫でる

触れぬ鼓動 芽でぬ幹
何処かにあった 希望さえ
朽ちていく 明日はまた繰り返す
未来は砂の下

<重なった声が 賑やかな街にも響く
 良き世界を 歌おう 踊って 歌え
 恐れることなど ない、と>

<時が優しく 誰の目にもそれは遅く
 ゆっくりと流れ 人は語る
 素晴らしき世界、と>
何もかもが 果てて 脆く 去り
涙して 祈っても

落ちて行く空 枯れた水
残酷な痛みを前に
朽ち果てた 奇跡は見捨てられて
大地は擦り切れ 風は止み

戻れない歴史に縋り
哀れな身だと 嘆いても
朽ち果てた 幻想はかき消され
神話は絶えていく

<Ushumar, shunato-nich
Chete-izza, kirrigua
Kofunich,tulm,tical
Arthun-ha>

何もかもが 一度 生まれ消え
動かない もう二度と

落ちて行く空 枯れた水
残酷な痛みを前に
朽ち果てた 奇跡は見捨てられて
大地は擦り切れ 風は止み

戻れない歴史に縋り
愚かな身だと 嘆いても
朽ち果てた 幻想はかき消され
神話は絶えていく