民族調コンピレーションアルバム「ETHNIQA2nd」特設サイト
DISC1 Nostalgic

01.Swing your leg on cart / EBI /(MIDIファイル) ▼Comment

こんにちは、EBI Zanmai の EBI と申します。
今回のエスニカは3つのテーマに分かれて制作・・・とのことで
「Nostalgic」部門で参加させて頂くことになりました。

「Swing your leg on cart」 は、荷馬車にゆられて足をブラブラさせながら
道行く景色を気ままに楽しむイメージで作曲しました。
お聴きいただく際には是非、大きく深呼吸、肩の力を抜いて
まったりと楽しんで頂ければ幸いです♪

02.木々の記憶 / MATSU/gaczn /(MIDIファイル) ▼Comment

森の中をひとりで歩く時に、ふとノスタルジックな気持ちになります。それは自分が生まれるずっと前からそこにある、木々の記憶に触れるからかもしれない。と想像して制作しました。懐かしさや緑、木漏れ日を感じていただけると幸いです。

03.秘密の隠れ道 / ちきんぐ /(MIDIファイル) ▼Comment

幼い頃、自分だけが知っていると思っていた場所へと通じる、自分だけが知っていると思っていた道がありました。
あの時の純粋なわくわく感と絶妙な緊張感は誰しも心の中に残っているはず!今こそ思い出すのデス!

という曲です。

04.the story of King and Roma / Itcha /(MIDIファイル) ▼Comment

Ethniqaのときは企画統括もやらせていただいていましたが、今回は楽曲だけの、イチャローです。

宮殿で奇跡の対面を果たした定住民族の王と流浪民族がこの曲のテーマなんですが、動かざる者からすれば、動く者が珍しく、またうらやましく見えたりする。お互いがお互いのバックグラウンドを全くイメージできない状況って、ちょっと恐ろしくまたワクワクします。

人の考え方のアプローチはいろいろありまして、たとえば冷静で信念を貫き行動を変えないタイプの人と、次々新しいことを体験して喜怒哀楽をよく表す人との、お互いが相手の考え方を想像できないブラックボックスの領域、みたいなところには、現実的なファンタジーとして、いつでもこの王と流浪の民の話はやってくるのかもしれません。往々にして、それは恋愛譚として。

曲の話でした。流浪民族のロマ(ジプシー)の舞曲をイメージして作曲しました。木管楽器のメロディのところが、ロマのフレーズ。ファンファーレと金管楽器は、王家のテーマです。

最後は踊りが超加速します。

「えー、でもItchaさんはファンタジーの人だと思ってますよー」と言ってくれたさいとうみちるさん、その言葉が大いにモチベーションになり、この曲ができました。ありがとうございます。まだこんなファンタジーできます。

05.山間の村の輪舞曲 / 綾河キラリ /(MIDIファイル) ▼Comment

Nostalgicというテーマの元、あれやこれやいろいろ悩みに悩んだわけですが、結局のところ自分が一番得意なゲーム音楽っぽい曲風に仕上げるのが一番いいかなーと思いまして、RPGとかによくありそうな主人公の故郷の村で流れる音楽って感じの曲に仕上げてみました。
打ち込みオンリーな企画ということで、僕がちょうどMIDIの打ち込みを始めたくらいのスーパーファミコン時代っぽい聴き味を目指しました。
ドット絵に似合いそうなBGMになったのではないでしょうか?
そういうところもある意味ノスタルジックなのかなって思ったりしてます。
最初はなかなかアイデアがわかなくて苦労はしましたが、気がつけばとても楽しく作曲が出来ていました。それもこれも素晴らしいテーマを与えてくれた主催のちきんぐさんのおかげです。とても感謝しております。この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

06.茜雲に想いをのせて / Sayaqu /(MIDIファイル) ▼Comment

郷愁のなかにふわっとした温かさのあるような曲を目指しました。

07.古の紀行 / YorKu /(MIDIファイル) ▼Comment

ノスタルジーな雰囲気ってどんな感じだろうって悩みましたが、納得行く感じの曲ができました。
国境関係なく色んな国の民族楽器を使ってます。

08.Wind / F.ichika /(MIDIファイル) ▼Comment

今年は日本がインドになってしまったみたいに暑かったので、熱風が吹いてくるイメージの曲を目指しました。

09.追憶の大地 / Kanata.S /(MIDIファイル) ▼Comment

はじめましての方が多いと思います、Kanata.Sです。
今回はEthniqa 2ndに参加させて頂き、ありがとうございます。
民族音楽コンピと言うことで一番僕が作りたかったテーマ、Nostalgicで攻めてみました。
基本的にフォルクローレの要素を入れてますが、大分なんちゃって民族音楽になった気がします(笑)
諸事情で故郷を離れることになった旅人が一人故郷を懐かしむイメージです。

10.Baiao de Galo / 鶏@クックルP /(MIDIファイル) ▼Comment

どーも鶏@クックルPです。普段はギターとか弾いてアコースティックな感じで色々やってます。
今回はこのコンピCDに参加させていただきありがとうございます!
民族音楽ということで自分はいつも好んで聴いてるブラジル音楽をテーマに作らせていただきました。
ブラジル音楽といえばパッと思いつくのがサンバやボサノヴァだと思いますが、実は地方などによって様々なリズムやジャンルに枝分かれしている面白い音楽なんです。
その中でも北東部の音楽Forro(フォホー)やBaiao(バイアォン)などと呼ばれるリズムを今回モチーフにしてみました。
この曲を通してブラジル音楽に興味を持っていただければ幸いですm(_ _)m

11.Nymphaea / 悠花 /(MIDIファイル) ▼Comment

シルクロードをイメージした楽曲です。
長い道を歩き続ける商人や旅人たちはそれぞれ想いや境遇を抱えていても、その足元にある道そのものは、ただひたすら淡々と伸びているだけ、というものを描きました。
タイトルは、そんな道のように静かな水面に咲く睡蓮から付けました。

……というのは全て、派手でもなくドラマティックな展開も無い曲の言い訳です!ごめんなさい!でも頑張りました!

12.幻滝 / 涼椰 /(MIDIファイル) ▼Comment

初めて参加させて頂きます。
アップテンポでnostalgicな民族調を目指しました。
雰囲気はケルティックに近いものがありますが、タムタムが入っていたりと中華風の要素もあり、好みが分かれる曲だと思います。
私的な曲のイメージは幻の滝を求めて旅をする少年ですが、聴いて頂く方それぞれにあったイメージでnostalgicを感じて頂けたら幸いです。

13.Per aspera ad astra / すきま /(MIDIファイル) ▼Comment

何か困難な道を乗り越えようとしている状況をイメージして作りました。作ってる最中しきりに砂漠越えが頭に浮かんできましたがそもそもラテンアメリカに砂漠はないかもしれません!

14.アザミの見える丘 / 千代紙このか /(MIDIファイル) ▼Comment

アザミとバグパイプ。
スコットランドの象徴であるこの二つをイメージした曲です。

バグパイプの勇敢さを生かしながら、上手いことNostalgicを表現できたかなと思います。ピアノとバグパイプは意外と相性が良いということも感じていただけたら幸いです。

余談ですが、スコットランドのバグパイプの特徴であるグレースノート(細かい装飾音)を打ち込むのに苦労しました......!
DISC1 Nostalgic

01.聖域の掟 / Kyocmp /(MIDIファイル) ▼Comment

-神聖な森には近づいてはならない掟がある-

.......入っちゃダメなところには入ってはいけません!
この曲の主人公は、入ってしまったみたいですよ......

02.咆哮の舞踏 / 前田 煉子 /(MIDIファイル) ▼Comment

「さあ、蒼穹の下で、大地と舞踏を。」

楽しんでいただければ幸いです。

03.葡萄酒と謝肉祭 / 風原 /(MIDIファイル) ▼Comment

今年の初夏、東北を旅している時に書きました。前沢牛と牛タンと寿司と地酒が美味しかったです。

04.新_龍と少女のおはなし~Ethniqa.ver~ / 氷雨 /(MIDIファイル) ▼Comment

【Ethniqa】初参加です!参加できてとても幸せ…
大空を飛ぶ龍と少女とのちょっとした冒険物語です。

05.Terra Magna / つきのわ /(MIDIファイル) ▼Comment

さまざまな表情を見せる広大な大地をイメージして作りました。

06.風の呼び声 / 四月隠者 /(MIDIファイル) ▼Comment

折からの強風に煽られ、衣服のはためく音が耳に喧しい。
双眸を眇め、遥か崖下の行く道を見つめる。
必要なものは既に身の内に持っている。
ただ一つ、前に進む勇気だけだ。

笛と弦で紡ぎ出した風のうたです。

07.夕日の雫 / 久兎 /(MIDIファイル) ▼Comment

雄大さがテーマということで、広々とした大地を包む夕日をイメージした楽曲を作らせていただきました。
穏やかさと、サビの力強さを感じていただけると嬉しいです。

08.ラーマ・キエン / 石原けいこ /(MIDIファイル) ▼Comment

今、タイで暮らしているので、タイの叙事詩「ラーマ・キエン」の序曲をイメージして制作しました!(インドのラーマー・ヤナのタイ版です)攫われた王妃、仲間の猿軍、魔王、半人半鳥の天女などが出てくる、壮大で幻想的な物語です♪

09.the beginning / fillsilica /(MIDIファイル) ▼Comment

民族系特有の疾走感みたいなものをおもって作りました

10.Bluegale-Syndrome / タチやん /(MIDIファイル) ▼Comment

どうも、前回に引き続き企画に参加させていただきました、タチやんと申します! 前作『Ethniqa』にて同人音楽デビューをさせていただいてから、どれだけ自分が変わったのかな?など僕自身の思い入れも深いアルバムなので、行き過ぎた気合が空回りしないようリラックスして作らせていただきました。
今回は”民族調”で”壮大な曲”ということで、背中を乾いた青い風が押してくるような……勇ましいけど、どこか憂いを帯びているような曲を出させていただきました。よろしくお願いします!

11.Mag Mell / corico /(MIDIファイル) ▼Comment

アイルランド神話より、死者が暮らす海底の王国「マグ・メル(Mag Mell)」をテーマに書いた曲です。マグ・メルはゾンビやお化けのような禍々しいものではなく、理想の島、または海の底の楽園と言われているので、あまり暗すぎず神秘性に重点をおきました。海底に広がる死者の楽園、楽しんで頂ければ幸いです。

12.Dawnlight / 清水 嶺 /(MIDIファイル) ▼Comment

イメージは曲名の通り、夜明け。
まだ日の見えない夜明け前から日が登り始める黎明の空までの時間を物語るような構成にしました。。
メインメロディにアイリッシュ・ローホイッスル、ヴァイオリン、チェロを用いて北欧音楽を感じさせる雰囲気に。それにストリングスアンサンブルを織り交ぜて広がりある壮大な曲調に仕上げました。

13.サラサラ / siroimu /(MIDIファイル) ▼Comment

siroimuと申します。
サラサラと言えば、川のせせらぎ、乾いた砂、木の葉がこすれる音、美しい髪の毛等表すものはたくさんありまが、私のこの曲で聞き手の方はどんなサラサラを想像するのでしょうか。
siroimuが今出来るEthniqaを精一杯制作致しました。
是非お聞き下さいませ。

14.琥珀の道 / 相川せり /(MIDIファイル) ▼Comment

エスニック系らしい素朴さを残しつつ、楽器は豪華めに盛ってみました。テンポの早い3拍子は多様なノリを出せて楽しいですね……。流れに身を任せつつ、ゆっくりと聴いて頂ければ幸いです。
DISC1 Nostalgic

01.Schizanthuses / ワカユウ /(MIDIファイル) ▼Comment

民族調でリズムにノリたくなる曲を目指しました。
民族調楽曲というよりも、ただ民族楽器を使用した楽曲ではないだろうか…っというツッコミは、ファンタスティック!
曲名の「Schizanthuses」は花の名前。
「Schizanthuses」の花言葉は、一緒に踊ろう!
まさにファンタスティック!
以上です。
PS.MIDIは制作環境音源用の打ち込みになっちゃってるのは仕様です。

02.Garam Masala Town / くふ /(MIDIファイル) ▼Comment

インドかどっかの商店街で、ターバン巻いたオッサンが
包丁(中華)片手に鶏をおっかけ回す様をイメージしました。

03.Pathfinder / JourneyCat /(MIDIファイル) ▼Comment

Ethniqa初参加です。
テーマ「Fantastic」ということで、笛主体でそれ以外のほとんどをハードダンス系の要素で固めてみました。

04.太陽の地へ / Mame /(MIDIファイル) ▼Comment

はじめまして、Mameと申します。Ethniqa初参加です!
民族調の楽曲を制作、公開すること自体が人生で初めてなので、
とても緊張しています。
今回の曲は、誰でもノリノリになれるような曲に仕上がったと思いますので、
人目を気にせずノリノリしちゃってください。

05.ズィーワの唄 / nay /(MIDIファイル) ▼Comment

自然派コンポーザー、虫が苦手なnayです。
今回、民族調の楽曲が集まるようで大変ワクワクしておりました。
テーマが「Fantastic」になり、どのような楽曲にするか悩みましたが(最終的に)アフリカっぽいフュージョンになりました。アフリカンです。いやぁ異国情緒溢れますね。エスニックですね。オーガニックなエスニックですね。無農薬栽培です。
是非アフリカンなラウンドスケープをイマジネーションしながらリスニングしてください。ダンシングするのもアリかも。

曲名の「ズィーワ」は「湖」という意味らしいですよ、奥さん。

06.Mithlorien / 楓葉 あき /(MIDIファイル) ▼Comment

楽曲名はエルフ語です。ミスロリエンと読みます。日本語ではおよそ「灰色の夢」という意味になります。
ある北の国のエルフの楽団が、憩いのための演奏をしている場面です。数曲奏でる中、この曲で一番の盛り上がりを見せるのですが、どうやら何か、エルフ以外の存在も演奏に加わって、まるで霧のような灰色の夢の中を歩いているような、そんな雰囲気の曲になりました。

07.風鳴り / しっぽ /(MIDIファイル) ▼Comment

旅人が旅をする中で風の吹く巨大な渓谷を通る。そこでは風乗った様々な音が聴こえてくる。そんな事を考えて作ってみました!

08.imitación / エイジャ /(MIDIファイル) ▼Comment

ギター二人によるフラメンコ風セッションのイメージで作りました。
打ち込みによるギターでどこまで「本物」っぽく近づけられるか挑戦してみたかったので、ギター二人+手拍子のみというシンプルな内容になってます。

なお、MIDIデータを参考にしていただける際は、ギターの演奏時を想定したノイズ部分を別トラックに分けておいたので、トラック名の語尾に「noize」と記載されたトラックをミュートしていただければメロディ部分がどう鳴っているのかがわかりやすいと思います。

09.Quero importunar-me pela mulher / 五十嵐傑 /(MIDIファイル) ▼Comment

時は割と最近、場所は比較的あったかいところ。
彼は、ろくに働きもせずに朝っぱらから酒をあおり、
金がなくなれば愛人にせびっては無駄遣いをするジゴロだった。
何一つ不自由しない生活。しかし、あの事件を機に
彼の心境は少しずつ、だが確実に変わり始めていた・・。
これは、そんな彼の成長を描くストーリーである。

曲名はポルトガル語で「お姉さんに苛められたい」っていう意味です。
上の文章は特に意味はありません。みなさん書いてそうなのでノリで書きました。

10.Frosty Life / MachiaWorks /(MIDIファイル) ▼Comment

民族音楽の中でも自分にとって一番しっくり来る「雪原+高原地方をイメージした民族音楽」っぽいイメージをフュージョン的なアプローチで形にしてみました。

11.八咫烏の霊峰 / 風上ユウオン /(MIDIファイル) ▼Comment

一言で言うと「力が……欲しいか……?」みたいな曲です。ファンタスティックですね。
これは嘘なんですが、この曲は聴き続けると背中に翼が生え脚が三本になる呪(まじな)いがかかっているそうです。
どうせ力が手に入るなら腕を四本にしたいです。そういう呪(まじな)いがかかった曲誰か作ってください。

12.幻の地へ / 遊句 /(MIDIファイル) ▼Comment

いざ幻想の世界へ。ウッホッホ!!

13.陽暮れの森で / naccle /(MIDIファイル) ▼Comment

夕暮れの刻と共に、一人旅立ちを迎える妖精の曲を書きました。
彼の行く旅路に、マナの加護があらんことを願って。

14.Sun Rise / a_hisa /(MIDIファイル) ▼Comment

1日の始まりを告げる太陽をテーマにしました。

トライバル感を出しつつエネルギッシュに。
あらゆる生命の源である母なる太陽を感じて頂けたら幸いです。

Copyright (C) 2015 Project ETHNIQA All Rights Reserved.